婚約指輪の知らなっきゃ損する情報!かなり重要

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

婚約指輪と結婚指輪。同じ指輪ですが意味合いが全然違うのです。婚約指輪は、結婚する前の相手にこれから結婚をする意思を伝えるプロポーズをする時に渡す指輪です。付き合ってる相手に対して、これから一生守っていきますと言う強い意思の証明となる指輪であり、まだプロポーズの結果が出ていないので、サプライズや雰囲気も大事になります。結婚指輪は既に婚姻届を提出している、または結婚が確定している相手と交換する指輪であり、結婚式の時に交換する指輪です。またこれから毎日身に付けておく指輪ですので、デザインも大事ですが、つけ心地を重視するといいでしょう。また結婚指輪は夫婦で一緒に選び、一緒に買いにいくといいです。

プロポーズは雰囲気とサプライズが大事

これから結婚したいと思う相手にプロポーズをする時、雰囲気やサプライズが重要になってきます。例えば、昼ころ待ち合わせをし、遊園地でも買い物でも、水族館でもいいので相手が喜びそうな場所に行き、夜はちょっとオシャレなレストランにでも連れて行くといいです。その時にプロポーズをするのですが、前々からレストランの店員さんに相談などをして、プロポーズした瞬間に店のBGMが流れ、ケーキや花束と一緒に指輪が持ってこられるようなサプライズがあると相手は喜んでくれます。レストランでプロポーズをすると他のお客も一緒にお祝いしてくれる可能性もあるので、すごく盛り上がります。それ以外にも、ペットを飼っている人であれば、ペットの首輪に指輪をつけて、ペットが持ってきてくれるようなサプライズもいいです。

婚約指輪は、一般にエンゲージリングとも呼ばれている指輪です。結婚の約束をした男女の間で、男性側から女性へ贈られます。