ココは外せない!結婚式準備で抑えておきたい基本

招待するゲストは誰にする?

結婚式準備で序盤に決めたいことは、招待するゲストのことです。親せきをどこまで呼ぶのか、上司や同僚を何人呼ぶのか、新郎・新婦で合わせるのが一般的です。多い人なら全部で100人を超えるゲストを招待することもあります。少人数制の結婚式なら近い関係の人だけ招待し20人におさめるケースも。招待する人数が決まらないと、会場の広さが決まりません。人気のシーズンには予約が殺到し、希望の日時で会場が抑えられないこともあります。式場に予約に行く段階で、ざっくりとした人数を決めてから相談に行った方が良いです。

ドレス選びはじっくり決めたい

一生に一度の晴れ舞台ですので、ウェディングドレスは自分の気に入ったものを着たいですよね。ウエディングドレスは女性にとって憧れの衣装ですので、1回の試着では決まらないこともしばしばあります。以前は自前でウェディングドレスを購入する人もいましたが、一着あたりの値段が高額なため、最近では式場でレンタルすることが多いです。式場によっては提携しているデザイナーのドレスしかレンタルできないケースもあります。「どうしてもこのデザイナーのドレスが着たい」という強い希望があれば、式場と相談してみましょう。ドレスの持ち込みができる場合があるからです。他のレンタル会社から希望のドレスを借りて、結婚式の前に式場に預けておくのです。持ち込み料や保管料が別途掛かるかもしれませんが、新婦の強い希望を叶えることを考えれば、大きな値段ではないでしょう。

千葉の結婚式場ではカップルの理想のウェディングプランを叶えるために心からのおもてなしでサポートしています。